モテる香水の使い方

使い方 タイトル.png



モテる香水の使い方

「モテる香水」とネット検索すると、いかがわしいフェロモン香水がたくさんヒットするかもしれません。笑

フェロモン香水の効果については、否定はしませんが、根拠はないとかなんとか…

では、モテる香水とはどのようなものでしょうか

そもそも「モテる香水」と言いますか「万人を惚れさせる香水」はおそらく存在しないでしょう。
そんな中でも、私が香水の使い方で一番参考にしている書籍がこちら↓

「モテる」という事をテーマにしていますが、
「モテる」=「嫌われない」香りと言いますか、香りのマナー、使い方が素晴らしいと思い
参考にしています。
この先をお読みになって、もっと詳しく知りたいと思った方や、私目線のフィルターを除きたい方はぜひポチっとしてみてください。

さて、この本を読み解くとお気づきになるかと思いますが、
主に「女性がモテる」為の内容がメインになっています。

では男性には参考にならないのか!

いえいえ…そんなことはないと思います!
この本で学べる香水の使い方で大きなポイントは2つあると思います。

① 香水を肌に直接つけない
香水は首、手首など動脈付近につけて香りを立たせると聞いたことがある方も多いとは思います。

しかし、この著者もおっしゃっていますが、肌に直接つけると、香水の香りが肌の匂いと混ざって思わぬ香りになってしまうことがあります。
個人的な予想ですが、肌についている雑菌やら何やら含めて、香水の成分が交わって、変異する為だと思います。
ですので、肌に直接つけた時の肌と香水の香りの混ざり方と、「空気中」で混ざる場合とでは条件が異なるという事です。

② 香水は洗剤・石鹸の香りをベースに!
この本の著者(牧野さん)が進めているのは「レイヤー使い」という付け方です。
この付け方は複数の香水を、異なる場所につけて、空気中で混ざる(または混ざらない)香りを楽しむ事です。

例えば、トップスに洗剤の香り、ボトムスにバラの香りをつけると、すれ違った際に最初に洗剤の「清潔感」のある印象を与え、時間差でバラの香りがして「高級感」を醸し出します。

香水を直接混ぜる(ブレンド)する方もいらっしゃるかもしれませんが、香水の成分は意外と繊細です。
思わぬ成分同士が反応して変異してしまうかも。
ただし、衣類につける際は変色などには注意して、見えにくい箇所でやってみてください。日光が当たらない場所が望ましいでしょう。
また「洗剤」「石鹸」の香りをベースにすると清潔感などが出るため、この著者が様々なパターンで使用している方法です。後ほど詳しく!

購入量に注意

香水の使用期限はあまり明確に謳われていませんが、保管状況によって1~2年以内に使い切るのが望ましいでしょう。
香水のビンのワンプッシュで噴霧される量は平均的に0.13~0.15ml程度だそうですが、30mlのビンで200回程度になります。
香水を薄めて使うのが好きという記事でも紹介させていただきましたが、私のように薄めて使用している場合は3倍程度の量(600プッシュ)になるでしょう。
また、一回に付ける香水の量は1~2プッシュが多いのだそうです。
日本では1プッシュでも気になる方が多いようですが、海外ではもっとつける文化のある国もあるそうです。
一応、日本向けにお話ししますが(笑)、先ほどの記事のように薄めて使うくらいが、実際には丁度良いのではないでしょうか。
レイヤー使いでは少なくとも2プッシュという事になりますので、原液での使用はけっこう主調が強いと感じる方も多いかと思います。
これらのことを考慮すると、香水は一番小さな購入量が30mlであることが多いと思いますが、これを超える量を買うのはオススメできません。
大きい方がお得なんですけどね…苦笑

香水のビンはオシャレなものが多く、飾ったりコレクションしている方も多いと思いますが、ぜひそれらが空き瓶であることを祈ります。

香水のビンのキャップを開けた時にほのかに香る、香り…
ということは、ビンは完全密封ではありません。
酸化、揮発など香りは少しずつ変わってしまいます。
ぜひ上記の使用期限を意識して、お気に入りの香りをベストコンディションで使用していただきたいと思います。


香水の選び方

香水はネットだと必ずしも安い訳ではありませんし、やはり直接お店に行って、香りを確認して購入したい方も多いと思います。
牧野さんのオススメは新月の頃という事で、この頃に買うと今の自分に一番必要な香りがわかるのだとか。

また、私の場合は一度に色々な香りを試すと良く分からなくなってしまうので、お店に寄れる時にちょこちょこ寄って、多くても1日5種類程度の香水を試します。
「これだ!」と思う香りがあったとしても、買うのは後日もう一度試して買います。

旅先などでなかなか手に入らないものを見つけた時は、その場で買いますが、日を改める買い方は個人的にオススメです。

そして、レイヤー使いでベースになる香りは「洗剤」「石鹸」と先ほど紹介しましたが、この著者はクリーンというブランドをかなり多用されています。

この「洗剤」「石鹸」の香りをベースにする理由としては、皆さまが赤ちゃんのころ「おくるみ、シーツ、よだれかけ」などは柔軟剤など使用しない「洗剤」が使われていたのではないでしょうか。
この頃の記憶があるため「洗剤」の香りは、清潔感とともに優しさ、安心感を感じさせてくれるのだそうです。
私は中でもクリーン 香水 ウォームコットン EP 30ml SP [並行輸入品]をオススメしておきますが、クリーンは調べるとかなり種類があります。
全部試すのは大変かと思いますので、興味ある方は先ほどの本をぜひ参考にしてご購入ください。
私の住んでいる静岡ではなかなかお目にかかれなかったので、香水は実際に香りを試してみたいと思ってはおりますが、これはネットで購入です。


残った香水の活用

先ほど使用期限は1~2年程度とお話しさせていただきましたが、私のように薄めて使ったり、複数の香水を使い分けたり、何も付けない日もあったりしている人は、期限切れになりがちです。

しかし、ただ残った香水を捨ててしまうのはもったいない!

その香水がどのような香りかにもよりますが、私はリードディフューザーにすることをオススメしておきます。


↑こんなアロマリードと空き瓶があればすぐできます。
そのまま香水を入れて、リードを挿せばセット完了。
揮発性を高めたい場合は、無水エタノールを加えてみてください。
IMG_5769.JPG
右はちょっと変わった形のリードが売っていたので、エッセンシャルオイルの空き瓶に挿してみました。

ちなみに左は調味料(コショウだったかな?)の空き瓶です!
意外とオシャレでしょ⁉

ぜひ、お試しを!

マイコレクション

今回オススメするアルバムは2012年リリースL'Arc~en~Ciel『BUTTERFLY』
IMG_5774.JPG

2曲目 「X X X」 の世界観強めな感じが好きですね。笑

4曲目 GOOD LUCK MY WAY も疾走感のある曲でランニングなどで良く聴いています。
また、11曲目で「未来世界」(YouTubeありませんでした。)で締めるあたりがアルバムの完成度の高さを感じます。

また、私の持っているのは生産限定盤ですが、これについている「P'UNK~EN~CIEL」のアルバムが良いです。
ラルクのメンバーが普段やっている担当パートを入れ替えて演奏しています。
ファンにはたまらない楽しさのあるアルバムでしょう。
私はいわゆるパンク系のコレクションも少なく、あまり聴かないジャンルと言えるパンクがテーマのようですが、私と同じような嗜好でも聴きやすい曲調です。
これまでリリースしたラルクの曲をアレンジしたりしています。
「HEAVEN'S DRIVE」は原曲よりこっちが好きかも…⁉笑
ぜひ手に取って聴いていただきたいですね!



さあ!まずはチェックしてみてください。

次回もよろしくお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
当サイト「TORANOMAKI」
管理人はやとのTwitterはこちら!

最新記事が更新されたらつぶやきます
ぜひフォローお願いします!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事へのコメント

DMMmobile
吉木りさ