ムリなくアロマ

アロマ.png



アロマの楽しみ方

アロマテラピーの楽しみ方はたくさんありますが、その中でも香りを楽しむ代表的な手法を紹介します。

①超音波振動方式
②リードディフューザー
③アロマランプ
④アロマストーン

以上4つが代表的でしょうか。
①が私が主に行う方法なので、この紹介に力が入ってしまうかもしれません!笑

また、アロマテラピーを楽しむにあたっては、エッセンシャルオイル(精油)が必要です。
まずはエッセンシャルオイルについても、簡単な知識を紹介します。
IMG_5456.JPG
上の写真は私が好きな「ベンゾイン」というオイルです。
「Abs.」は「アブソリュート」と読みます。
Abs.は一般的な抽出方法と異なる方法で抽出していますよ。という意味のようですので一般ユーザーは気にしなくて良いでしょう。

このようなエッセンシャツオイルは約200種類ほどあるそうです。

また、このようなエッセンシャルオイルを組合せて使うことを「ブレンド」と言います。
自分でブレンドしても良いですし、ブレンドされたオイルも売っています。
IMG_5457.JPG
上の写真は「キンモクセイ」と書いてありますが、キンモクセイから抽出したオイルではなく、キンモクセイをイメージして作った「ブレンドオイル」になります。
素人の私にはバッチリ本物のキンモクセイの香りに感じられましたよ!笑

このように、何かの香りをイメージしてブレンドしても良いですし、何となく好きなブレンドを見つけるのも面白いと思います。
もちろん、自分でブレンドしなくても、上記のキンモクセイのオイルのように、プロが作ったブレンドを楽しむのが一般的には簡単ではないでしょうか。
もちろん単体で使用しても良いでしょう。

さて、このあと紹介する「楽しみ方」を知ってしまったら、さっそくエッセンシャルオイルが欲しくなるとは思います。
そしたらさっそくお近くのアロマテラピーのショップへ!

と言っても、いざショップに行ってみても、色々クンクンしていると、どれが良いのか悪いのか、わからなくなってしまうかもしれませんね( ´∀` )
「そもそも何を買ったら良いのかわからないよ!」という方にオススメのオイルは下記の5つ!
ブレンドもしやすく、初心者にオススメとされています!

1.ラベンダー:心身をリラックスさせる
2.ティートリー:殺菌、消臭、免疫力向上
3.ゼラニウム:ホルモン調整、鎮静作用、女性にオススメ
4.ペパーミント:眠気覚まし、集中力、リフレッシュ
5.オレンジ・スイート:不安や緊張の解放、眠れない時にもオススメ

もちろん、個人的には「ベンゾイン」も推しておきます。
別名「安息香(あんそくこう)」というだけあって、鎮静作用、精神の安定の効果が期待できます。
これも、様々な香りと相性が良く、ブレンドしやすいのではないでしょうか。

内容量に対して価格も様々です。それは希少性や抽出方法も関係していると思われます。
また、たとえリットル単価が高価でも少量で十分香るものもありますので、値段が高いから高価とは一概には言えないかもしれません。
使用期限としてはだいたい一年くらいを考えておいた方が良いでしょう。買いすぎには注意です。
また、メーカーによっても品質や香りに違いがあるようです。苦手だったアノ香りもメーカー変えたら好きになるかも!

私は主に「生活の木」というアロマショップのものを買っていますが、Amazonで購入するなら上のリンクの物が一番売れているようです。
生活の木から出ている本がこちら↓ 私はこれを主に参考にしています。



超音波振動方式

いわゆるディフューザーは電動のエアポンプで拡散するものと、超音波で水と一緒に加湿器のように拡散するものがあります。
私は主に後者を使用しています。
電動の方が、精油をビンでセットしておけば良いので手間がかからなくて楽ですが、ちょっと機械がお高いのが多いのと、香りの切り替えしなくなりそうで、つまらないかなと思ってます。(自分の問題か…笑)

超音波ディフューザーも高いのは高いですが…笑

ちなみに私はこれを使ってます↓


構造的に手入れが簡単だったのと、駆動時間のセットも簡単だったのが購入の決め手でした。
ランプが優しく光るし、オンオフできます。

ガラス製のフタをはずして、水を入れます。
IMG_4354.JPG
軽量カップが付いていますので、取説にしたがって量を選択してください。
20mlで1時間かな( ´艸`)
私は寝るときに1時間稼働が多いですが、60ml入れたり割とざっくりいれちゃってます。
気を付ける事としては、必ず水道水を使用してほしいという事です。
ミネラルウォーターなどを使うと、カビなどが発生しやすくなります。
また、水道水でも置いておくと塩素が抜けますので、日数の経過したものは使用しないようにしてください。

水の後に精油を入れます。
IMG_4356.JPG
この量も私は適当です!笑
というより、これは経験で判断するしかないでしょう。
先ほどの精油の説明で申し上げたように、香りの強さは精油によって異なります。

今回使用したのはブレンドのものですが、60mlに対し2滴で9畳の部屋で十分香ってくれました。
強く香ってくれるのが好きな方もいらっしゃるでしょうし、お好みで!
「精油を足す」「水で割る」のは簡単なので、まずは20mlに1滴からやって調整してみてください。

ランプはこんな感じ
いかがでしょうか
IMG_4359.JPG


リードディフューザー

リードディフューザーは↓こんなヤツ


最近はこんなディフューザーが多く売られていますが、市販のものは私の苦手な香りが多くあまり購入しません。

私と同じような方は自作してみてください!ぜひ!

私はまだまだ自作は研究中ですが、基本的にはビンに精油と無水エタノール入れて、竹串などを挿しておけばできます!笑
自作も割とコストがかかるので、買った方が安いかもしれませんが、どうしても市販品で好きな香りが見つからない方もいらっしゃるとは思いますので、今度アイデアをまとめた記事を書いてみようと思っていますので、お楽しみに!


アロマランプ

先ほどの私のディフューザーもアロマランプの一種と言えると思いますが、私はアロマランプというと「熱で温めもの」をそう呼んでいます。

↑こんなヤツ
精油を垂らして温めるだけですので、手入れも簡単ですし 使いやすいとは思います。
ロウソクなどで温めるものもあります。

欠点としては、ロウソクは火を使うし、そうでないものも熱が発生するので不意に触ってしまうと危ないかも。
あとは、熱で酸化も進むので多少香りに変化があるかもしれません。

私がこれを選ばなかったのは、安全性はもちろんですが、明るさがいらない時にランプをオフできないのが決めてでした。
とにかく手入れに手間かけたくない方には、ロウソクより電気タイプがオススメです!


アロマストーン

こんなの↓がアロマストーンってやつです。


精油を垂らしてしみこませたものが、少しずつ揮発して香るものです。

ただ、この方法をとるなら小皿とかに垂らしておけば良いのではないか?と思っていますがいかがでしょうか。


はやとスイッチ


今回オススメするアルバムはR&Bの王様 R.Kelly15作目のアルバム2010年リリース『Love Letter』
IMG_5473.JPG

アルバムで聴く魅力が高まる「Love Letter Prelude」がオープニング曲として1曲目を飾ります。
2曲目「Love Letter」
アルバムのタイトルにもなっている曲ですが、切ない歌詞でありながら、リズムの良い曲にノリノリになってしまいます。
しかし、大人なリズムですので、おやすみタイムにピッタリ。
3曲目「Number One Hit」の緩やかな曲調に
私はすぐに寝落ちしてしまいます。笑

8曲目「Radio Message」
これ好きです!笑 どことなくミュージカルチックな雰囲気のこの曲を聴きながら、アロマのランプに照らされ、格好つけて読書しつつ寝落ちです!

ちなみに、寝る前の音楽鑑賞や睡眠の誘導効果があるとか、また、読書も睡眠を誘発してくれます。
ただ、睡眠中の明るさや音楽は睡眠の質をさげるそうです。ぜひタイマーなどを使って睡眠の質も高めて、元気な明日を迎えましょう。


さあ!まずはチェックしてみてください。

次回もよろしくお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
当サイト「TORANOMAKI」
管理人はやとのTwitterはこちら!

最新記事が更新されたらつぶやきます
ぜひフォローお願いします!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事へのコメント

DMMmobile
吉木りさ