オールドグランダットでいいとこ取り

タイトル.png


最近、近所の酒屋がこれから洋酒に力を入れていくとのお話で、入り浸ってはオススメのお酒なんかを教えてもらってます。( ´艸`)
ウイスキーは同じブランドでも、様々な種類がありますよね。
それを比較し、違い、オススメを見極めようと日々飲み続けている私。笑

さて、バーボンが好きな方に、ぜひ一度は試して頂きたい「オールドグランダット-OLD GLAND DAD-」なんていかがでしょうか。
私がザッと見た限りは3種類のラインナップかと思います。

1796年誕生のケンタッキーストレートバーボンです。
「偉大なるおじいさん」という名前は、創業者を称え3代目が名付けたものだそうです。

①蒸留所は単一
②熟成期間は最低2年以上
誕生以来、この2つのこだわりを守り続けている本格派

「マイルドな飲み口」とホームページでは紹介していましたが
「ヘビーな香り」と表現されることもあるようです。

おそらくラインナップの違いによって印象が違うのではないかと思われます。
または香りと味にギャップがあるのかも

さて、いざ飲み比べ
IMG-4736.JPG


オールドグランダット 80

少し水っぽい香りという印象です。

しかし、しっかりパンチが効いているので、トガッたウイスキーの好きな方にピッタリでしょう。


ロック、ストレートなんかより、割って飲みたいと私は思いました。
悪い言い方をすれば「作りこみがあまい」「若い」ということでしょうか。

ただ、割りものの風味も活かせる余地があるという意味では、魅力的でもあります。
個人的にはジンジャーハイボールがオススメの飲み方

こちら↑はHP同様、国内向けのパッケージですが、私は近くの酒屋で購入したインポート品なので、パッケージが違いますがご了承ください。笑


オールドグランダット ボンデッド

多少アルコールぽさが見え隠れしますが、甘い香りが魅力的。
甘い香りがそのまま味わいになったような深い甘みが、口から鼻へ抜けていきます。

チョコレートでもつまみながら、ストレートでチミチミやりたいウイスキーという印象です。
甘々が好きな方はたまりません。

ボンデッドとは、連邦アルコール法(現在この法は廃止)に基づいた方法(同じ蒸留所の原酒を4年以上熟成し、政府監督下の保税倉庫でアルコール度100プルーフ/50度で瓶詰め)でつくられる製品と定義されているようです。

飲みやすいですが、度数は高めなので注意してください。


オールドグランダット 114

度数57度の割にアルコールぽさが少なくバニラのような香りが鼻を抜けます。
ただ、やはり度数が高いので、吹き抜けるように強い香りが立ちます。
それが後から、タルの「木」を感じる風味もフワッとやってきます。

ロックで飲むと口に入ってから香りが沸き立ってきて、114を存分に楽しめる気がします。
ミストって飲み方ご存知の方はそちらでも試してみてください!美味しくいただけます!

ストレートバーボン最高


イチオシはこれだ!

「オールドグランダット 114」
が私のオススメ!

「オールドグランダット 80」がおそらくスタンダードモデルなのでしょうが
この中では一番一般的なウイスキーでしょう。
オールドグランダットはそれぞれのラインナップで値段がそんなに変動しませんが
大衆向けのものと比べると、少しお高いかもしれません。

で、あれば個性を楽しむ!という意味で114が一番オススメです!

バニラっぽい雰囲気のウイスキーが好みの方はドハマりしてくれるでしょう。

酒屋さんで置いていないこともあるかもしれませんが
これを機にいろんな酒屋さんを探してみても面白いかもしれません。

2500円~3500円前後ならおそらく定価です。

見つからなかったらAmazon!が私のスタイル。笑


マイコレクション

今回も私のCDコレクションを紹介していきます。

2018リリース Billie Eilish『Don't Smile At Me』
IMG_5185.JPG

今や世界的に有名になって知っている人も多いビリーアイリッシュ。
彼女のファーストアルバムです。

「サマーソニック2018で日本を沸かせたティーンに絶大な支持を得る今、世界で最もホットな16歳のポップ・アイコン=ビリー・アイリッシュ。」なんて紹介され、セカンドアルバムに収録されている『bad guy』がYouTubeで何億もの回転数を誇り、大ヒットしました。



ですので、セカンドアルバムの曲はかなり知っている方も多いかとは思いますが
私としてはファーストアルバムをオススメしておきます。

しっかり説明書きなど読まずにCDを聴き始めた私は
「コレがファーストアルバムか…遅咲きのアーティストかな?」なんて思ってました。
30歳くらいかと思っていたのに、まるで10代とは思えない、良い意味で古臭さのあるテイストで仕上げています。

筋トレの時にこのアルバムをヘビロテしていたので、
1曲目「Copycat」を聴くと筋トレモードになってしまいます。
プッシュ マイ ボタンって歌詞でスイッチ入っちゃいますよ!(※個人的都合)

7曲目「Ocean Eyes」では、こんな曲も歌えるぜ!と幅の広さを見せつけてくれます。
たぶん、この方どんな曲もイケます!!

音作りもほんとにこだわっているし、経験値がハンパじゃない。
かなりお勉強されているのではないでしょうか。


↑の日本仕様がボーナストラックも付いて、インポート盤よりオススメです。
コピーキャットのリミックスも聴けちゃいます!

さあ!まずはチェックしてみてください。

次回もよろしくお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当サイト「TORANOMAKI」
管理人のTwitterはこちら!
最新記事が更新されたらつぶやきます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事へのコメント

DMMmobile
吉木りさ