リスペクトするスタンス

タイトル リスペクト.png

音楽と時間の流れは切っても切れない関係にあります。
また、好き嫌いという話も絶対に出てくる話ですよね。

貴重な時間の中で出会った、貴重な音楽、それを奏でるアーティスト
しかし、アーティストのコアなファンの中には攻撃的な方もいらっしゃったりして、その特定のファンとの交流で揉めたりして、そのアーティストが好きでなくなってしまったりするケースもあるように思います。
アーティストをリスペクトするスタンス、私なりのオススメをここに記します。


すべての音楽に触れることはできない


一生のうちに何曲の音楽に出会えるでしょうか

1年はおよそ8760時間です。
仮に平均寿命約80歳まで生きたと考えても、一生は約70万時間です。

CDアルバム1枚の再生時間1時間としても一生で70万枚
1枚のアルバムに10~18曲収録されていることが多いとして、平均14曲とすると、980万曲が一生の間に出会える最大数です。笑


大きすぎてよくわからない数字になってきましたな…


では毎年どのくらいの曲が世の中に出てくるのでしょうか。

日本国内の新作CDアルバムのリリースが、年間おそよ6000枚という情報を先日見かけました。
約8万曲を超える曲の数だと思われます。
80年間で670万曲ほど。

国内だけでですよ!?

そう考えると寝ている暇なんてありませんよね!笑

まあ、国内の新曲ならすべてチェック可能な計算とも言えなくないですが…
そんな前向きな発想をされたそこのアナタ。。。嫌いじゃないです。

実際には24時間音楽を聴き続けることは困難ですし、気に入った曲はリピートしますよね!?( ´艸`)
過去生まれた曲も含めると、自分が一生の間に出会える曲、知っている曲は極一部であると言えます。

そんな中で出会った「心地よい曲」は貴重でもあり、もっと心地よい曲があるかもしれないという可能性もあるのです。


共感できる人を探そう


先ほどの6000枚にはオムニバスや、再販されるものもあると思いますが、いずれにせよ一生の間に知ることも無く終わる音楽は山のようにあります。
とにかく無差別に聴きまくったところで、時間やお金がいくらあっても足りません。

そこで、自分と好みの音楽が近い人と情報共有することは、とても大切なことだと思います。

現代は様々なSNSで情報を共有できます。

自分が聴いていて心地よい音楽を共有してくれる人と、出会えたら非常にラッキーなことでしょう。

私は映画なんかも、似通った感性の人からオススメを聞いて、その作品を観たりします。
友人、同僚、情報発信者のメルマガなんかがそれです。

音楽家や評論家などの情報も質が良いでしょうし、チェックしている方もいらっしゃるとは思いますが、その評論家と好みが合えば良いと思います。
ただ「有名人が良いと言ったから良いものだ」というのは私は好きではありません。

自分の感性を大切にしてほしいと思います。

そういう目線で見たときに、私のブログにも共感頂けるようであれば、うれしく思います。笑
少しずつ私のCDコレクションも公開していきますので、これを利用して効率良く好みの音楽情報を集めて頂ければ幸いです。ちゃっかり宣伝( ´艸`)


作品を愛す


「好きなアーティストいます」という方も多いでしょう。
もちろん私もお気に入りアーティストはいます。
(コロコロ変わるかもしれませんが…n)

やはり、心地よい音楽を奏でるアーティストは、さらなる心地よさを提供してくれる事が多いです。
しかし、信者みたいにはならないでほしいなと思います。

ありがちなのは「古参ぶる人たち」
そのアーティストの古い曲を知らない人を批判したり、罵ったしする人が少なからずいらっしゃいます。

ほんとに新曲が好きでハマったのなら、その方はそれで良いと思います。
古い曲を知ってさらに好きになったのなら、それはラッキーですが、好きになれなかったらそれはそれ!
だって、アーティストだって完成品ではありません。
新曲の方が技術的進歩があって優れているのは普通ではないでしょうか。

テイストの違いで今が良いとか、昔の方が良かったとか、自分の思い出も相まって忘れられないとか、いろんな条件があります。

好きなアーティストが出来たなら、金銭的に応援する事はとても大切なことだと思いますが、それ以外を認めないとか、そのアーティストの考えはすべて正しいとか過剰な信者になってはもったいないと思いますし、そのアーティストの価値(印象)を下げてしまうケースもあります。

アーティストとは、芸術家ですから「作品」をリスペクトするのが、私のオススメの嗜み方です。
曲はもちろん、ライブパフォーマンスやCDジャケット、服装なんかもこだわっている方多いですよね。
それらを観たり、コレクションしたり、マネしても良い。
教祖様ではなく、芸術家としてリスペクトされたら、そのアーティストも一番喜ぶのではないでしょうか。


また、特定のアーティストしか愛せない方もいらっしゃるでしょうが、多くの方は複数のリスペクトするアーティストがいたりします。
同じアーティストの話題で盛り上がる機会があれば、他にもオススメを聞いてしまいましょう。
きっと、すばらしい作品に出合うことができるでしょう。


はやとスイッチ


私のスイッチを入れてしまう今回紹介する1枚はこちら!

古参ぶって古いアルバムを紹介します。。。笑

宇多田ヒカル 『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』
宇多田 vol1.jpg

個人的に、宇多田ヒカルさんの曲はけっこう好きですが、どちらかと言うと最近よりデビュー当初の方が好きです。
(古参ぶるwww)

特に3曲目『Movin'on without you』

宇多田ヒカルさんはR&Bの部類?になるかと思いますが、
この曲はロックテイストな仕上がりで、とてもカッコいい曲です。

色んなアーティストもカバーしている曲のようで、YouTubeにもいくつかアップされています。

宇多田ヒカルを知らない、聴いたこと無い人は、とにかくこのアルバムを聴いてください。
ここに全てが集約されています。


と、までは言いませんが、
私の宇多田ヒカルコレクションCDは、このアルバムと入れ替えて4枚くらいを1枚集約しちゃいました。笑


コレクションも増えるとスペース取りますからね…切実

さあ!まずはチェックしてみてください。

次回もよろしくお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当サイト「TORANOMAKI」
管理人のTwitterはこちら!
最新記事が更新されたらつぶやきます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事へのコメント

DMMmobile
吉木りさ